○幸手市循環バスの広告掲示に関する運用規程

平成18年3月29日

訓令第13号

(趣旨)

第1条 この訓令は、幸手市有料広告取扱規則(平成18年幸手市規則第22号。以下「取扱規則」という。)第5条第2項の規定により、市が運行する市内循環バス(以下「循環バス」という。)の広告掲示について必要な事項を定めるものとする。

2 循環バスの広告掲示についは、取扱規則に定めるもののほか、この訓令に定めるところによる。

(市と運行事業者との協定)

第2条 市は、市が循環バスの運行業務を委託する事業者(以下「バス運行事業者」という。)に循環バスの有料広告の掲示について委託することができる。

(広告掲示の方法等)

第3条 広告を掲示する循環バスは、次のとおりとする。

(1) 1号車 東コースA 東コースB

(2) 2号車 西コースA 西コースB

2 循環バスの広告掲示の方法は、次に掲げるとおりとする。

(1) 車内額面広告 循環バスの運転席後部の掲示枠に掲示するもの

(2) 車外後部広告 循環バスの車体後部の掲示枠に掲示するもの

(3) 車外側面広告 循環バスの車体側面の掲示枠に掲示するもの

(平22訓令10・一部改正)

(広告掲示の規格等)

第4条 取扱要綱第5条第1項に規定する車両1台当たりの広告掲示の枠数、規格、掲示料金は、次の表のとおりとする。

(1) 車内額面広告

枠数

1枠

規格

縦29.7cm以内×横42.0cm以内(A3版以内)

紙(同等のものを含む。)に印刷又は描写したもの

掲示料金

3,000円(1枠当たりの月額)

(2) 車外後部広告

枠数

1枠

規格

縦25.0cm以内×横50.0cm以内

マグネット製平版(同等のものを含む。)にカッティングシートにより広告デザインを施したもの

掲示料金

1,000円(1枠当たりの月額)

(3) 車外側面広告

枠数

2枠

規格

縦40.0cm以内×横60.0cm以内

マグネット製平版(同等のものを含む。)にカッティングシートにより広告デザインを施したもの

掲示料金

2,000円(1枠当たりの月額)

(平22訓令10・一部改正)

附 則

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成22年7月1日訓令第10号)

この訓令は、平成22年7月1日から施行する。

幸手市循環バスの広告掲示に関する運用規程

平成18年3月29日 訓令第13号

(平成22年7月1日施行)

体系情報
第7編 務/第3章 税・税外収入/第2節 税外収入
沿革情報
平成18年3月29日 訓令第13号
平成22年7月1日 訓令第10号