○幸手市適応指導教室設置規則

平成14年5月17日

教委規則第12号

(設置)

第1条 児童及び生徒(以下「児童等」という。)の教育相談に応ずるため、幸手市教育委員会学校教育課に、幸手市適応指導教室(以下「適応指導教室」という。)を置く。

(所掌事務)

第2条 適応指導教室は、次に掲げる事務を所掌する。

(1) 児童等の教育上の問題について、児童等、保護者及び教員の教育相談に応ずること。

(2) 教育相談についての調査研究に関すること。

(3) 不登校児童等が学校復帰を目指すための適応指導に関すること。

(教育相談員)

第3条 適応指導教室に、教育相談を主たる職務として、教育相談員を置く。

2 教育相談員は、幸手市教育委員会が委嘱する。

3 教育相談員の身分は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第3号に規定する非常勤特別職とする。

4 教育相談員の任期は、1年以内とする。

5 幸手市教育委員会は、必要があると認めるときは、前項の任期を更新することができる。

6 教育相談員の勤務時間は、1週間につき週29時間を標準とする。

7 教育相談員は、勤務の遂行にあたっては上司の命令に従わなければならない。

8 教育相談員の報酬及び費用弁償については、幸手市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(平成11年条例第3号)の定めるところによる。

(平26教委規則1・一部改正)

(委任)

第4条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行し、平成14年4月1日から適用する。

(幸手市教育相談室設置規則の廃止)

2 幸手市教育相談室設置規則(昭和57年教委規則第4号)は、廃止する。

附 則(平成26年3月11日教委規則第1号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

幸手市適応指導教室設置規則

平成14年5月17日 教育委員会規則第12号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第8編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成14年5月17日 教育委員会規則第12号
平成26年3月11日 教育委員会規則第1号