埼玉県幸手市役所最初のページへサイト内検索サイトマップ文字の拡大問合せ
幸手市へようこそ
市民便利帳観光情報施設案内各課案内市の概要アクセスリスト
ホーム各課案内社会教育課>さって子どもセンター
さって子どもセンター


 さって子どもセンターでは、市内の小学生を対象に情報紙の作成やバスツアーの開催など、さまざまな活動を行っています。


 ★目的
 子どもの体験活動やボランティア活動、家庭教育の支援に関する情報を収集・提供し家庭教育支援や青少年の健全育成を図ることを目的としています。

 ★事業内容
年度ごとにテーマを設定し、それに関連した事業を行っています。
平成28年度のテーマは「水」です。


▼情報紙「わく2幸手っ子プチ」発行(7月、12月、3月)

 「子どもによる子どものための情報紙」です。小・中学生の取材をもとに記事が作られ、市内小学校の児童に配布されます。一般の方は社会教育課、公民館、図書館のほか、以下でもご覧いただけます。
  「わく2幸手っ子プチ」バックナンバー

▼壁新聞「さてライト新聞」発行(6月、10月、2月)
 市内小学校、社会教育課、公民館、図書館にて掲示。
 環境への配慮のため、不要となったポスターを再利用して作っています。

夏休み子どもわくわくバスツアー
  工場見学などのツアーを開催しています。

▼冬休み体験教室
  普段学校では出来ないような体験をします。

 ★構成員
▼サーチ隊(子ども編集員)
 小学校4年生〜中学生の10数名。毎年3月に募集を行っています。学校も学年も異なる子どもたちが協力して取材や体験をし、「わく2幸手っ子プチ」の記事を書きます。また、紙面に載せるイラストも、サーチ隊がその時季に合うものを描きます。

▼コーディネーター
 市内在住の大人数名で構成されており、子どもたちの活動を支援しています。
 サーチ隊の記事やイラストをもとに情報紙等の編集・校正を行うほか、センター主催事業(バスツアー、体験教室)の企画も実施しています。

     ≪情報紙ができるまで≫      
取    材
サーチ隊
編集・校正
サーチ隊・コーディネーター
発    行

 ★活動報告
平成27年度のテーマ「アート」

サーチ隊の活動
春日部市アートウォーク体験
アート作品制作体験
ちんどんパフォーマンス体験

センター主催事業 
8月 夏休みバスツアー(プラザイースト、埼玉県立近代美術館)
12月 冬休み体験教室(書道パフォーマンス体験)

 ★イメージキャラクター:サーチ


幸手の“幸(さち)”
英語の“Search(サーチ)”
 −さがす、調べる−からつけられました。
     


子どもセンターの活動が全国事例として紹介されました!

 全国の特色ある体験活動、ボランティア活動をしている団体として、「さって子どもセンター」の活動事例が国立教育政策研究所の平成22年度調査にて紹介されました。青少年期に地域や社会でさまざまな体験をすることは、子どもの健やかな成長によい効果があると考えられています。これからも「子どもセンター」の活動にご理解ご協力をお願いいたします。

体験活動ボランティア活動支援センターの役割に関する調査研究報告書(幸手市抜粋)PDF434KB

国立教育政策研究所ホームページ(http://www.nier.go.jp/)

問合せ  社会教育課  電話(43)1111内線643・FAX(42)5803
Copyright(C) City Satte all rights reserved. 禁無断転載