埼玉県幸手市役所最初のページへサイト内検索サイトマップ文字の拡大問合せ
幸手市へようこそ
市民便利帳観光情報施設案内各課案内市の概要アクセスリスト
ホーム各課案内社会教育課>守り伝えよう!みんなの文化財
守り伝えよう!みんなの文化財

本因坊三代と子ども囲碁大会

 幸手市域からは、江戸時代の囲碁の本因坊家第八世「伯元」、第九世「察元」、第十世「烈元」と三代続けて本因坊を輩出しています。平成15年3月「察元」の墓石が発見されて以降、「伯元」、「烈元」の墓石が続けて確認されました。
 こうした世に名高い本因坊の遺蹟が、一市域内で相次いで確認されたことは全国的にも他に類例がなく、墓石が発見されるごとに囲碁文化は幸手市の誇るべき地域資源と理解されていきました。

これを契機に、市では囲碁にちなんだ事業を実施しており、その一つが、平成19年度に市内各小学校での学校囲碁指導員による囲碁クラブの立ち上げです。学校によって実施方法は多少異なりますが、ボランティア指導員のみなさんが熱心に指導を続けられ、多くの児童に囲碁の面白さが広がってきています。
 また、幸手市文化祭事業の一環として実施している「子ども囲碁大会」は平成19年11月に初めて開催して以来、平成23年度で5回目を迎えました。平成23年11月19日(土)に開催した第5回大会には、50名に及ぶ児童・生徒が熱戦を繰り広げました。

 このような事業をとおして本因坊を三代続けて輩出したという郷土幸手の歴史と文化の豊かさを、多くの子どもたちが理解し、楽しみながら伝統文化に触れてもらいたいと思っています。もしかすると、将来プロ棋士が誕生するかもしれませんね。


問合せ  社会教育課  電話(43)1111内線643・FAX(42)5803
Copyright(C) City Satte all rights reserved. 禁無断転載