埼玉県幸手市役所最初のページへサイト内検索サイトマップ文字の拡大問合せ
幸手市へようこそ
市民便利帳観光情報施設案内各課案内市の概要アクセスリスト
ホーム各課案内社会教育課>守り伝えよう!みんなの文化財
守り伝えよう!みんなの文化財


新しい市指定文化財 ―千日念仏廻向供養塔―

   北3丁目の閻魔堂に千日念仏廻向供養塔と刻まれた高さ2m70pを超える石塔があります。
 今回、教育委員会は、幸手市文化財保護審議会の答申を受け、市指定文化財として指定しました。
 この供養塔は、幸手宿荒宿の浄土宗寺院、聖福寺の信蓮社単誉上人を導師として、道誉尊入比丘が願主となり江戸時代前期の延宝5年(1677)に造立されたものです。
 そこには、江戸幕府の関東郡代で伊奈家当主である伊奈忠常とその家臣をはじめ、多くの浄土宗寺院門徒の僧侶、さらに権現堂村ほか幸手宿や内国府間村・上高野村など近郷近在約24か宿村におよぶ総数1200名を超える人びとの法名や俗名が刻まれています。 
 
 
 当時の人びとが、武士や農民、僧侶などの身分の垣根を超え、亡くなった先祖の追善供養と、自らの極楽往生を願って千日間の念仏供養を行い、その満願成就を記念して造立したと考えられます。
 特筆すべきことは、関東郡代の伊奈家当主である忠次・忠治・忠克の法名があることです。
 さらに、江戸幕府直轄領の治政を担った伊奈家当主の伊奈忠常が、幸手市域やその周辺の村々とともにこの供養塔の造立に加わったという事実は、同様の供養塔において類例を見ず、資料としての価値を際立たせ、歴史的に高く評価されます。 
 伊奈家は、江戸時代のはじめから、利根川の河川改修をはじめ、幸手用水や琵琶溜井などの用水路や排水路の整備と新田開発に取り組み市域発展の礎を築きました。
 このように、千日念仏廻向供養塔は、関東郡代伊奈氏と幸手とのかかわりを示す有形文化財(歴史資料)として市の貴重な文化財です。
 市民の宝がまた一つ増えました。大切に守り伝えていきましょう。
 
▲千日念仏廻向供養塔(北3丁目)

   
 問合せ  社会教育課  電話(43)1111内線643・FAX(42)5803
Copyright(C) City Satte all rights reserved. 禁無断転載