埼玉県幸手市役所最初のページへサイト内検索サイトマップ文字の拡大問合せ
幸手市へようこそ
市民便利帳観光情報施設案内各課案内市の概要アクセスリスト
ホーム各課案内社会教育課>守り伝えよう!みんなの文化財
守り伝えよう!みんなの文化財

吉田中学校と民具資料館
 東公民館に隣接する民具資料館の建物は、昭和24年(1949年)に竣工した吉田中学校の木造平屋建ての校舎を利用したものです。
 ここで、中学校という義務教育制度の歴史について少し説明しましょう。『幸手市史通史編U』によると、「第二次世界大戦終戦後、初等科6年、高等科2年の国民学校が廃止され、昭和22年に公布された学校教育法に基づく小学校6年、中学校3年の現行学校制度スタートした」とあります。いわゆる「6・3制」による新制中学校の始まりを説明しています。 

▲新築間もないころの校舎
(吉田中学校卒業アルバム)
 ところが、当時は戦後間もない時期で各町村の財政状況は厳しく、制度は始まったものの、中学校の校舎建設は、市域でもなかなか進まなかったようです。
 吉田村では、まず昭和22 年に村役場や観音院、収蚕所を校舎に充て、吉田村立吉田中学校が設立されました。その後、昭和23年12月には、新校舎建設の第1期工事が起工し、昭和24年5月25日に完成しました。
 この平屋校舎が、今の民具資料館です。鉄筋コンクリートの校舎とは違い、木の温もりが感じられる館内に入ると、昔にタイムスリップしたようで、懐かしさで胸いっぱいになるという人もいらっしゃいます。 


 問合せ  社会教育課  電話(43)1111内線643・FAX(42)5803
Copyright(C) City Satte all rights reserved. 禁無断転載