埼玉県幸手市役所最初のページへサイト内検索サイトマップ文字の拡大問合せ
幸手市へようこそ
市民便利帳観光情報施設案内各課案内市の概要アクセスリスト
ホーム各課案内農業振興課>認定農業者制度について
認定農業者制度について

■認定農業者制度の概要

 認定農業者制度とは農業経営者自らが、効率的で安定的な経営基盤を確立するための目標を定め、将来の経営の姿をはっきりとさせた農業経営改善計画を作成し、市町村が認定をする制度です。認定農業者は、国や県、市町村等からさまざまな支援が受けられます。


■認定農業者になるには

 認定農業者になるには、農業経営基盤強化促進法の規定に基づき農業経営改善計画書を作成し、市に提出して認定を受ける必要があります。

【農業経営改善計画認定申請書(別記様式第4号)】(Word:96.5KB)


■認定の基準

 農業経営改善計画の認定を受けるための要件は次のとおりです。
1. 計画が市の基本構想に照らして適切なものであること
2. 計画が農用地の効率的かつ総合的な利用を図るために適切なものであること
3. 計画の達成される見込みが確実であること


■認定農業者のメリット

1. 制度資金の活用 「スーパーL資金」、「農業近代化資金の特例」等さまざまな金融支援を受けることができます。
2. 経営相談・研修会の実施 経営改善支援センター等による経営相談・研修・情報提供を受けることができます。
3. 農用地の利用集積の支援 農業委員会が農用地の利用の集積のための調整をします。
4. 機械等導入への支援 認定農業者が農業機械や施設をリースで借り受ける場合、手続きによりリース料の一部が助成されます。
5. 税制の特例 経営規模を一定以上の拡大をすると、機械、施設の減価償却費を普通に計算した金額(法定償却額)よりも割増して計上できます。
6. 経営所得安定対策による支援 畑作物の直接支払交付金(ゲタ対策)や米・畑作物の収入減少影響緩和対策(ナラシ対策)といった支援の対象となります。


問合せ 農業振興課 電話0480-43-1111 内線535 FAX0480-43-1123
Copyright(C) City Satte all rights reserved. 禁無断転載