埼玉県幸手市役所最初のページへサイト内検索サイトマップ文字の拡大問合せ
幸手市へようこそ
市民便利帳観光情報施設案内各課案内市の概要アクセスリスト
ホーム各課案内健康増進課>日本脳炎定期予防接種
日本脳炎定期予防接種

 〜日本脳炎の予防接種の機会を逃した方々の接種時期が緩和されました〜 
【これまでの経緯】
 日本脳炎定期予防接種については、平成17年にマウス脳による製法の日本脳炎ワクチン(旧ワクチン)を接種した後に重症ADEM(急性散在性脳脊髄炎)を発生した事例があったことから、国では、より慎重を期するため、同年5月より接種の積極的な勧奨を差し控えていました。
 その後、乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン(新ワクチン)が定期予防接種に使用できるワクチンとなりました。
 市では、国の方針に基づき、3歳児(年少児相当年齢)、また、平成27年度に18歳になる方(平成9年4月2日から平成10年4月1日生)で第2期接種が未接種の方に対しても積極的勧奨(個別通知)を行っております。
 また、平成23年5月20日から、積極的な勧奨の差し控えにより接種が完了していない方の接種機会を確保するため、特例として平成7年(1995年)4月2日〜平成19年(2007年)4月1日生まれの方は、20歳未満の間であれば、接種が完了していない残りの回数を、保護者が希望する場合に、定期予防接種として接種ができるようになりました。


【特例対象者(平成7年4月2日〜平成19年4月1日生まれで接種時に20歳未満の方)】
 ◆接種方法◆  接種回数全4回 <第1期:3回、第2期(9歳以上):1回>
現在までの接種回数 接  種  間  隔
まったく受けていない者 第1期として6日〜28日の間隔をおいて2回接種、その後おおむね1年後に3回目を接種。
第2期(4回目)の接種は9歳以上の者に対し、3回目の接種後6日以上の間隔をおいて接種。
第1期接種(1回)を受けた者   第1期の残り2回を6日以上の間隔をおいて接種
第2期(4回目)の接種は9歳以上の者に対し、1期接種終了後6日以上の間隔をおいて接種
第1期接種(2回)を受けた者  第1期2回目から6日以上の間隔をおいて3回目を接種。
第2期(4回目)の接種は9歳以上の者に対し、1期接種終了後6日以上の間隔をおいて接種
第1期接種(3回)が終了している者 第2期(4回目)の接種は9歳以上の者に対し、1期接種終了後6日以上の間隔をおいて接種
第2期の接種時期は、通常、第1期接種終了後、おおむね5年の間隔をあけることが望ましいとされています。ただし、それまでの接種状況により異なりますので、具体的な接種時期については、接種医とご相談ください。

●接種希望の方について

 母子手帳を持参のうえ、健康増進課までお越しください。予診票を交付いたします。

問合せ 健康増進課(ウェルス幸手内)0480−42−8421
Copyright(C) City Satte all rights reserved. 禁無断転載