埼玉県幸手市役所最初のページへサイト内検索サイトマップ文字の拡大問合せ
幸手市へようこそ
市民便利帳観光情報施設案内各課案内市の概要アクセスリスト
ホーム各課案内介護福祉課>高額介護サービス費
高額介護サービス費

 同じ月に利用したサービスの1割または2割の利用者負担の合計が高額になり、ある一定額を超えたときは、市への申請により超えた分が「高額介護サービス費」として後から給付され、負担が軽くなるしくみになっています。

同じ世帯にサービス利用者が複数いる場合は、全員の1割または2割の利用者負担を合計します。
所得区分によって限度額は異なります。

自己負担の限度額(月額)
区分 世帯の
限度額
個人の
限度額
生活保護の受給者等 15,000円 15,000円
世帯全員が
市区町村民税非課税で
老齢福祉年金受給者 24,600円 15,000円
前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の方等 24,600円 15,000円
前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円を超える方等 24,600円 24,600円
市区町村民税課税世帯の方(※) 44,400円 44,400円
医療保険制度における現役並み所得者相当の方 44,400円 44,400円
平成29年8月より、市区町村民税課税世帯の方の負担の上限が37,200円(月額)から44,400円(月額)に引き上げられます。
ただし、介護サービスを長期に利用している方に配慮し、同じ世帯の全ての65歳以上の方(サービスを利用していない方を含む。)の利用者負担割合が1割の世帯は、年間446,400円(37,200円×12ヶ月)の上限が設けられ、年間を通しての負担額が増えないようにされます。(3年間の時限措置)

▼月々の負担の上限(高額介護サービス費の基準)の見直しについて

厚生労働省リーフレットP1

(PDF:247KB)

厚生労働省リーフレットP2

(PDF:336KB)


このような費用は対象となりません
 ・ 福祉用具購入費の利用者負担分          
 ・ 住宅改修費の利用者負担分
 ・ 支給限度額を超える利用者負担分
 ・ 居住費(滞在費)、食費、日常生活費など介護保険給付対象外のサービスの利用者負担分


申請が必要です
 市では、対象者に通知をしています。通知が届きましたら、「高額介護サービス費支給申請書」を介護福祉課の窓口に提出してください。

問合せ 介護福祉課TEL0480−42−8444・FAX0480−43−5600
Copyright(C) City Satte all rights reserved. 禁無断転載