埼玉県幸手市役所最初のページへサイト内検索サイトマップ文字の拡大問合せ
幸手市へようこそ
市民便利帳観光情報施設案内各課案内市の概要アクセスリスト
ホーム意見公募(パブリックコメント)手続>幸手市障害者基本計画・障害福祉計画(案)
幸手市障害者基本計画・障害福祉計画(案)

 幸手市障害者基本計画・障害福祉計画の素案に関する市民意見の募集は、平成24年2月20日(月)〜平成24年3月2日(金)の間実施しました。
 ご意見をお寄せいただきましたことに厚く御礼申し上げます。

▼幸手市障害者基本計画・障害福祉計画(案)に対する意見と対応
「2 障害者基本計画」について
意見の概要 市の考え方など
 計画案の40ページ「(5)精神保健施策の充実」のところに【施策の方針】として「精神障がいのある人の社会復帰を図るため、保健・医療・福祉・教育・労働等の関係機関が連携・協力しながら各施策を進めます。」 とありますが、高次脳機能障害についても精神障害としての支援の対象であるので、精神保健施策の中で支援していくことを明確にしていただければ幸いです。 40ページ
「(5)精神保健施策の充実」の【施策の方針】

 精神障がい(発達障がい、高次脳機能障がいを含む)のある人の社会復帰を図るため、保健・医療・福祉・教育・労働等の関係機関が連携・協力しながら各施策を進めます。

「3 障害福祉計画」について
意見の概要 市の考え方など
高次脳機能障害について、障害者の範囲に含まれることが明確化されたことを受け、計画案71ページの「(2)制度の周知と利用促進」のところで、「また、サービスの利用が必要な障がい者がサービスを受けられないことのないよう、障害者手帳の取得を促進します。」という文のあとに、高次脳機能障害についての文言を入れていただければ幸いです。 2ページ
第1章 「1 策定の趣旨」 3段落目

 障害者自立支援法については、平成25年を目途に廃止し、新たに「障害者総合福祉法(仮称)」の施行が予定されています。そのつなぎ法案として、平成22年に「障害者自立支援法」や「児童福祉法」等を一括改正する法律が成立し、この法改正で発達障がい及び高次脳機能障がいが障がい者の範囲に含まれることが明文化されました。

40ページ
「(5)精神保健施策の充実」の【主要事業】の1つ目「○精神保健福祉に関する普及啓発活動の推進」

 精神疾患及び精神障がいに関する正しい知識の普及・啓発活動を行い、市民への正しい理解を広めます。
 また、新たに対象となった発達障がい及び高次脳機能障がいの方を含め、精神障害者保健福祉手帳の周知と取得を促進します。

71ページ
第4章「(2)制度の周知と利用促進」の2段落目

 また、サービスの利用が必要な障がい者がサービスを受けられないことのないよう、障害者手帳の取得を促進します。
 なお、高次脳機能障がい及び発達障がいが新たに精神障害者保健福祉手帳の対象となったことから、その周知を図ります。

問合せ 社会福祉課 TEL42−8435
Copyright(C) City Satte all rights reserved. 禁無断転載